会社概要

社名 Keepdata株式会社
代表者 代表取締役社長 渋谷 紳一郎
本社所在地 〒102-0093
東京都千代田区平河町一丁目5番15号 BUREX平河町(旧VISIX平河町)
TEL:03-6261-3982 FAX:03-6261-3983
資本金 28470万円
設立 2009年
従業員数 30名(2015年6月現在、パートナー会社を含む)
役員 取締役 石井 寛
取締役 羽島 尚志
取締役 佐藤 大央
取締役 佐藤 義清
監査役 後藤 研二
取引銀行 三井住友銀行麹町支店、みずほ銀行飯田橋支店、みずほ銀行麹町支店、三菱東京UFJ銀行麹町支店、
群馬銀行池袋支店、三菱東京UFJ銀行麹町支店、群馬銀行池袋支店

役員の主な略歴

渋谷 紳一郎 早稲田大学卒業、富士ゼロックス株式会社入社
ソニー株式会社入社
incat systems日本駐在事所代表、イージーシステムズジャパン株式会社創業
Proxure Asia株式会社代表取締役就任、現在に至る
石井 寛 慶應義塾大学卒業、富士ゼロックス株式会社入社
Xerox International Partners(米国カリフォルニア州)へ出向
富士ゼロックス中国(中国上海)へ出向、副社長
株式会社アイフィスジャパン入社取締役営業本部長、現在に至る
羽島 尚志 早稲田大学卒業、株式会社内田洋行入社
東京第一会計入所、杉田木材株式会社常務取締役
有限会社キネティクスを設立、代表取締役就任、現在に至る
佐藤 大央 慶應義塾大学卒業、野村不動産株式会社入社
株式会社夢真ホールディングス取締役(現任)
株式会社夢テクノロジー取締役(現任)
株式会社夢エージェント 取締役(現任)
株式会社夢真ホールディングス社長就任、現在に至る
佐藤 義清 慶應義塾大学卒業、株式会社第一勧業銀行(現株式会社みずほ銀行) 入社、同社 資産監査部長
株式会社夢真ホールディングス入社
株式会社夢エデュケーション 代表取締役社長(現任)、現在に至る
後藤 研二 慶應義塾大学卒業、兼松株式会社入社
日興証券、伊藤忠商事株式会社、いちごグループホールディングス執行役員を経て、
オフィスゴトー代表取締役社長(現任)
フェリスウィールインベントメント株式会社取締役(現任)
ニューリアルプロパティ取締役(現任)、現在に至る。

会社沿革

2009年11月 Proxure Asia株式会社 設立
2009年12月 ナショナルソフトウエア株式会社と業務提携
2009年12月 第三者割当増資、資本金2340万円
2010年3月 keepdata アンドロイドアプリ版をOEM販売開始
2010年10月 keepdataクラウドストレージシステムOEM販売開始
2011年3月 keepdata iPhoneアプリ、iPadアプリ、WindowsPCアプリ、keepdata SDK OEM販売開始
2012年2月 Keepdata株式会社に商号変更
2012年2月 第三者割当増資、ナショナルソフトウエア株式会社と資本提携 資本金4,740万円
2013年9月 業務拡張によりオフィスを移転
2013年10月 第三者割当増資、資本金7019.7万円
2014年7月 ビッグデータソリューション開発
2015年5月 ビッグデータソリューション販売開始
2015年6月 第三者割当増資、資本金1億2300万円
2016年12月 第三者割当増資、資本金2億8470万円

経営理念

  1. 人に仕事に感動・思いやり・感謝を持ち、相互の信頼関係を大切に共存共栄する
  2. 事業の目的達成を通じて自己実現を追及する
  3. 全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献する
今日、国内のクラウドサービスは、米国からの輸入製品やサービス販売が主体となっています。
本当に日本のビジネスに最適化されたものではありません。いわば、お仕着せのサービスを、多くの企業が使い続けていることに、私たちは大きな問題意識を持っていました。
「このままでは、日本から独自の製品・サービスが無くなってしまう」という危機感をバネに、私たちは会社を設立しました。日本はもとより、クラウドソリューション「keepdata」をアジアへと展開するのが主要なビジョンのひとつです。
私たちは、クラウドソリューションのOEM供給に特化し、創業後まもなく開発会社のナショナルソフトウエアと業務提携。ファブレス開発型による事業を始めました。米国のビジネスモデルであるクラウドサービスに日本流のものづくり・顧客対応を融合させ、それぞれの良さを生かすべく取り組んでいます。
私たちのビジネスモデルでは、keepdataのすぐれた機能と、OEM先の販売力・サービス力の双方を生かした共存共栄を目的としています。ユーザーの声を製品に反映し、満足度を上げていくため、バージョンアップを繰り返しています。
また、ユーザーの利便性を高めるアライアンス先の開拓と、彼らとの連携によるソリューションの拡充も図っています。今日まで14社のOEMパートナー、5社のアライアンスパートナーと事業展開しています。
私たちは、keepdataを通じて関係する企業、ユーザーと共存共栄し、日本のビジネスをより豊かにすることを目指します。
                                          渋谷紳一郎
Page top icon