活用事例:KeepData Hub TM ヘルスケア情報の見える化

約20,000人検診データの見える化

複数年の検診データのリアルタイム分析を行ない、全体の数値と比較することで検査結果を「見える化」し、業務の効率化と顧客会員全体の傾向を把握

課題

  1. 指定範囲からわずかに外れているだけでデータが取得できない
  2. 指定範囲を広げると不要なデータが大量に抽出される
  3. 抽出されるデータ範囲にグレーゾーンがあるか不明

導入効果

  1. 全体平均値(数値データ)と今回の結果の比較を見える化
  2. 過去数年の履歴(数値データ)との比較を見える化
  3. 受診者 … 健康状態の見える化により、健康増進の意識向上
  4. ドクター … 過去、現在、未来(組合員全体データ)予測の指導
  5. 健康保険組合 … 健康増進プログラムの“見える化“立案と実行

病名毎の集計、およびその入院日数の高速集計&グラフ化
(施設名、ドクター名、地域別など)

数百万件のデータから数秒で集計結果を表示!



活用事例:KeepData Hub TM 人材スキル情報の見える化

約3,000人のスキルデータの見える化

気付きを与える、切り口が多い“見える化”で人材の有効活用

課題

  1. Excel表での集計/グラフ化では、人材スキルの状況がうまく見切れない
  2. テキスト情報では、類似したスキルを持っている人材の関係性が見えない
  3. いろいろなスキルの切り口で見る事ができない

導入効果

  1. 人事担当者 … スキルアップ計画の立案に貢献。(強み/弱み/計画) 
  2. プロジェクトリーダ … PJで必要な人材を直ぐに探せる事が出来る
  3. 派遣/パート等の管理者 … 登録者の保有スキルで動的に人材を配置


活用事例:KeepData Hub TM 記事、レポート等の文章の要約

増え続ける記事情報、サービス業に於けるレポート増大などで毎日発生する記事やレポートの情報を要点を絞った内容に要約

課題

  1. SNS情報、インターネット情報など増え続ける記事情報を重要度、優先度を見極めるのに時間がかかる
  2. コールセンター、介護などサービス業に於いてデイリーで発生するレポートを読むのが大変
  3. 文章情報が多すぎて、レコメンド情報を発信できない

導入効果

  1. 要点を絞った情報にする事で、限られた時間の中で多くの記事を把握でき、重要な記事を逃さない
  2. 要点を絞ったレポートにする事で、全てのレポートに目を通し、重要な事項を見逃す事がなくなる
  3. 文字検索と併せて利用すると、旬な言葉探し、レコメンド情報発信などが簡単にできる

KeepData Hub TMのソリューション一覧に戻る   ソリューション一覧へ

KeepData Hub TMに関するお問い合わせはこちら   お問合せ

Page top icon