セキュアなファイル共有の主な機能

主な機能

    Officeファイルを共有する 画像、PDFファイルを共有する 重要なファイルをバックアップする 大容量ファイルを送受信する チャットで会話する 録音してクラウドに保存する 写真を撮影してクラウドに保存する スケジュールを管理する・共有する テキストのメモを蓄積する クラウドのデータをメールで送信する よく使うデータをお気に入りに設定 ファイルの編集をロックする オフラインでデータを扱う 電話帳を管理する

機能詳細

機能名 機能概要 W
i
n
d
o
w
s
i
P
h
o
n
e
i
P
a
d
A
n
d
r
o
i
d
A
n
d
r
o
i
d
T
a
b





共有/クラウドストレージブラウザ 個人ファイル(マイフォルダ)や他ユーザーと共有するファイル(共有フォルダ)を、クラウドで管理できます。クラウド上のファイルは、アップロード、ダウンロード、共有化、更新、削除等の操作が可能。Windows/Mac/iOS/Androidのアプリ版(無料)とブラウザー版があり、ブラウザー版はファイルのアップロード、ダウンロード、削除のみ可能。
フォルダごとにアクセスできるユーザーを割り当てることで、部署や企業を超えたプロジェクトで利用できます
また、「セキュアなファイル共有」のユーザー同士であれば、企業(グループ会社、取引先等)、または組織(部署、支社等)をまたがってフォルダを共有し、情報を共有することができます
企業間共有フォルダ
ファイル
共有機能詳細
ローカルPCに
ダウンロード
「セキュアなファイル共有」上のフォルダ、ファイルをPCのローカルフォルダーへダウンロードできます
ファイル送受信リンク
(大容量ファイル送受信)
「セキュアなファイル共有」利用者以外とも、Webを通してデータ共有できます。また、メール添付では送れない大容量データを送受信可能。日数やダウンロード回数を設定できるので、データが垂れ流しになることもありません
メール送信 PC、タブレット、スマホのメールに、クラウドに保存したファイルを添付して送信できます
権限変更 自分がアップロード・作成した共有ファイルの権限(他ユーザーの編集許可/禁止)を変更できます
コピー/ペースト クラウド上で任意のファイルをコピー&ペーストすることができます。Windowsのみ、マイフォルダ間でファイルの移動も可能です
To外部アプリ
連携
「セキュアなファイル共有」の内蔵ビューアで開けないファイルを、インストール済みの外部アプリケーションで開くことができます
常にこの操作で
使用
To外部アプリ連携でファイルを開く際、ファイルタイプ(拡張子)単位で、どのアプリでファイルを開くかを設定できます
From外部アプリ
連携
インストール済みの外部アプリケーションから、ファイルを「セキュアなファイル共有」に転送(保存・ペースト)できます
画像ビューア 「セキュアなファイル共有」内蔵の画像ビューアで写真を開きます。開いた写真に対し、タイトルとコメントをExifに書き込むことが可能です。※後述の「アルバム>コメント」と同様機能。
PDF専用
ビューア
PDFファイルをJPEGファイルに変換して、参照できます。専用ビューアを利用することで、端末にテンポラリ・データも残さないため、セキュリティが確保されます
※有償オプション
PDF Note
PDFファイルに手書きで描写する機能です。営業資料や設計図(PDF)に直接オーバーレイで書き込むことで、現場の状況をダイレクトに把握できるためタイムリーな作業進行を実現します。上記のPDF専用ビューアが利用可能であることが前提
検索 クラウド上に保管した大量のファイルを名前や更新者で検索し、外出中に突然必要になったファイルを即座に利用できます
アドレスバー アドレスバーに、現在のフォルダパスを表示し、ユーザーがフォルダパスを入力すると任意のフォルダへ遷移できます。また、ファイルの右クリックメニューから「パスをクリップボードにコピー」を選択することで、ファイルパスも取得することが可能です。アドレスバーにファイルパスを入力し、直接ファイルを開くことも可能
ロック ファイルをロックし、他ユーザーと編集のバッティングを回避できます(ロックされたファイルは、他のユーザーからは読み取り専用となります)
管理ユーザー指定の
共有フォルダ
管理者から管理ユーザーと指定されたユーザーは、その共有フォルダ内に限り、他ユーザーにより編集禁止と設定された共有ファイルを削除できます
参照ユーザー指定の
共有フォルダ
管理者から参照ユーザーと指定されたユーザーは、その共有フォルダ内に限り、全ての共有ファイルを読み取り専用として開くことになります
お気に入り クラウド上の保管データで自分が良く利用するファイルやフォルダーを「お気に入り」にまとめることができます。「お気に入り」内のファイルやフォルダーはショートカットで構成されているため、クラウド上のデータがコピーされて総容量がアップすることはありません。オフライン(ローカルフォルダ)に対するショートカットの作成も可能です
※Windows版の機能提供は未定
バックアップ PCのローカルフォルダをクラウド上にバックアップする機能。同期の方向は、「ローカルPC⇒クラウド」方向のみ。PCでバックアップ対象ファイルを更新すると、クラウド上のバックアップファイルも更新されます。ユーザーの専用フォルダ、共有フォルダに保存が可能。
※有償オプション
共有フォルダ同期
([KeepData for Windows Server])
WindowsFileServer上の部門共有フォルダーを「セキュアなファイル共有」の共有フォルダーに自動バックアップ。ネットワーク構成などはそのままで、従来部署で共有していたファイルが、モバイルや在宅でマルチデバイスで利用できるようになります
チャット 共有フォルダにチャットルームを作成(プロパティで設定))して、そのフォルダに対しアクセス権限を持つユーザー同士でチャットをすることができます。
アルバム 「セキュアなファイル共有」で撮影した動画・静止画を、クラウド上に自動アップロードし、端末にデータを残すことなくクラウドで管理できます
アルバム機能
詳細
コメント Exifにタイトル、及び、コメントを書き込む機能。
※Windowsの場合、内蔵の画像ビューアでコメント機能が実現します
画質設定 写真撮影時、写真の画質(圧縮率)を変更し、容量圧迫を抑制できます
画像取り込み 端末に保存されている画像、動画をクラウド上に取り込みます
バインダー テキストメモを作成し、テーマごとのバインダーにまとめることができます。端末にデータを残すことなく、クラウドで管理します
録音 「セキュアなファイル共有」で録音した音声データを、クラウド上に自動アップロードできます。長時間録音でもクラウドに自動アップロードして端末にデータを残さないため、端末のメモリを圧迫しません。また、端末を紛失した場合でも管理コンソールから情報のワイプができるため、情報漏えいの心配は不要。録音データはファイルWeb公開(ファイル転送)で社外の関係者と共有することが可能です
電話帳 スマートフォンにアドレスを残さず、クラウドのみで電話帳を管理でき、個人専用、部署/企業単位で共有することが可能。名刺交換した個人情報など、会社資産を担当部署や会社全体で共有できます
電話帳詳細機能 一括登録 Google、Outlook、Yahoo! の連絡先からエクスポートしたCSVファイルを指定し、「セキュアなファイル共有」クラウド上の電話帳に一括登録が可能
電話帳グループ ユーザー任意の電話帳グループを「セキュアなファイル共有」のアプリ上で作成できます
電話発信選択 スマートフォンで電話発信時、標準の発信方法ではなく、電話アプリを選択して発信できます
発信・着信履歴の
記録と表示
「セキュアなファイル共有」の電話帳からの発信・着信の履歴を記録し、いつでも確認することが可能です 履歴表示のみ 履歴表示のみ
カレンダー クラウド上にイベントを登録し、個人専用、部署/企業単位で共有することが可能です
カレンダー
詳細機能
操作ログ管理 「セキュアなファイル共有」上で行った操作をさかのぼり、日別にログを確認することができます
オフライン機能(ローカル保存) クラウド上のユーザー専用フォルダや共有フォルダを、端末にダウンロードできます。クラウドにアクセスできないオフラインの状況(通信圏外時)でも、有効期間内であればファイルを閲覧できる機能
オフライン
詳細機能
差分チェック 「ローカル保存対象」に設定したフォルダに対し、クラウドとローカルとの差分をチェック。クラウドとローカルで差分がある場合は通知します
同期/ダウンロード ローカル保存対象としたクラウドのフォルダを、ローカルにダウンロードします
お気に入り 任意のローカルファイル、ローカルフォルダのショートカットを作成できる機能
オフラインログ 管理者向け機能。ローカルファイルの参照ログを保持し、サーバーへ送信します。管理権限のないユーザーはオフラインログの確認はできません
自動アップデート 使用中のアプリバージョンより新しいアプリがリリースされている場合、アプリ起動時にアップデートを行います
接続先設定 ストレージサーバー、認証サーバーの接続先情報の設定、およびプロキシ設定が可能です
デバイスID認証 端末に設定されたID(デバイスId)を、ユーザー単位に管理コンソール上で管理。そのユーザーアカウントとデバイスIDの組み合わせでのみアプリの使用を可能とする制限です
ユーザーパスワード保存 サインイン時にユーザーパスワードを保存し、サインアウト後もサインイン画面からクリアしない機能
オフラインモード アプリ使用中に、ネットワークが切断された場合に遷移します。オフラインモードでは、サーバーとの通信を伴う操作はできません。通信復帰により、オンライン操作ができるようになります。
お知らせ 管理者によって配信されるお知らせを、ユーザーへ向けてアプリ上に表示できます
アップロード停止/再開 自動アップロードを停止、再開できます
アップロード先に設定 アルバム/バインダー/録音/お気に入り機能に対し、新規作成したファイルのアップロード先に任意のフォルダ(共有フォルダも可)を指定できます
自動認証 サインイン中にアプリを終了しても、次回起動時に自動でサインインできます
ヘルプ 初心者でも使いこなせるようオンラインヘルプを用意しています
英語版「セキュアなファイル共有」™ 各OSのシステム言語設定に合わせて、「セキュアなファイル共有」内の文言が英語表示となります(ブラウザー版の英語化は次版にて実装検討中)
ローカルワイプ Windows:特定のフォルダのファイルを「セキュアなファイル共有」上にバックアップ後、ワイプします。ローカルワイプ機能は通常版とは別アプリでの提供となります
Windows以外:ファイルアップロード後は、端末からファイルを消去し、端末にファイルを残しません
HTML5/Javascript HTML5やJavascriptのWebアプリを動かすことが可能です
他アプリから起動 他のアプリからURLスキームを指定して、直接「セキュアなファイル共有」を起動できます
自動サインイン アプリ起動時に、オプションを付与して実行することで、自動でサインインできる機能
タブレットモード Windows8タブレット向けの表示モード。KeepData for Windowsのタブレット上での操作性を向上させます

セキュアなファイル共有のコラボレーション機能は?   次のページへ

Page top icon