Mail Curator TM 導入のベネフィット、機能紹介

Mail Curator TMが提供する“気づき”

曖昧な条件から
適切なメールを発見
曖昧なキーワードから
適切なキーワードを発見
別のキーワードへの“気づき”を提供

導入前

ユーザーの声

  1. あるメールを検索したいけど適切な検索条件が思いつかない。
  2. あの人とは、どんな話題が多いのかな?
  3. 発散しがちな課題に対するメールのやり取り、どこに問題の本質が潜んでいるのだろうか。
  4. 様々なメーリングリストで情報収集しているが、このソリューションの効果的な訴求方法が知りたい。

管理者の声

  1. 情報漏えいが発生!どこから漏れたのかを内部調査する必要がある。
  2. コンプライアンス違反が発生!組織的な犯罪行為なのかを内部調査する必要がある。

導入後

ユーザーの声

  1. 社内に溜まっているPSTファイルは会社のknow-howの宝庫。その中身を検索するためのエンジンを 3年近く探していたが見つからなかった。このシステムを導入したところ、自由自在に検索ができ、期待通りの結果が得られ、know-howの宝庫としての見える化が実現した。
  2. 複数のメールアドレスのデータを1つにまとめる作業を手で行なっていたが、このシステムを導入することにより、自動的にカテゴリー分けやキーワード検索ができるようになり、まるで1つのメールアドレスデータのように閲覧することができるようになった。

管理者の声

  1. 社内の誰と誰がどのようにコミュニケーションをとっているのか見える化できた。誰が何に関心を持っているのか、キーワード等がリアルタイムに把握できるようになった。
  2. メールアーカイブの追加購入や管理の手間が不要になった。
  3. 業務の見える化により、社内のコンプライアンス順守のためのシステムとしても有効に活用できる。

Mail Curator TMのリアルタイム分析ツール

関連すると思われるキーワードをメールのやり取りから類推して表示します。

  1. 意味的には関連のないキーワードをメールのやり取りから関連付け
  2. 一つのメールに関連するメールを容易に抽出
適切なキーワードが思い出せなくても、探しているメールを簡単に見つけ出せます!

ランキング上位のキーワードからの関連性

2つ以上のキーワードからの関連性

Mail Curator TMに関するお問い合わせはこちら   お問合せ

Page top icon